採用情報

recruit
採用情報

自分発信。要になろう。

社員集合

とにかく「やってみたい」という意志表示と、チームの和を大切にできる人間性。シオノ鋳工が最も重要視しているのは「やる気と意志」です。年齢で昇進するのではなく、リーダーとなる意志がある人を全面的に応援します。
自分の意志でなりたい姿を描くことで、仕事上はもちろん、社会の「要」となる人に成長できます。経験やスキルは不問。具体的な業務内容や技術は、入社後の研修ですべてお伝えしますので、必要なのは意識だけ。ぜひシオノ鋳工の仲間と共に、人として成長できる喜びを実感してください。

社員が幸せになる未来を重んじる会社
塩野の思い

代表取締役 塩野浩士
代表取締役 塩野浩士

「安定収入と、働く喜びを得られる会社をつくるために、社員一丸となって挑戦していきたい」 これが塩野の思いです。
弊社の経営理念は「要」、ビジョンは「100年後も成幸であり続ける」です。自分は仕事や地域の「要」になれているか?そして自分は幸せか?それを追求できる会社づくりを行っています。社員全員で一丸となれる理念を持ち、同じビジョンに向かうことで利益を出し、安定した収入が得られること。そして出た利益は社員全員で分かち合えること。さらに、挑戦していくことで様々な経験に出会い、それが人の成長につながる。最終的には、自分自身の成長が喜びになり、幸せを感じていくこと。
この「物心両面の幸せ」が大切です。そのために、挑戦し、成長し続ける会社でありたいと考えています。

  • 2014年10月/京都産業21発行「クリエイティブ京都」に弊社の記事が紹介されました
  • 2015年4月/約80名の方々をお招きし、弊社の経営理念発表会を行いました
  • 2015年5月/北近畿経済新聞に上記経営理念発表会の記事が掲載されました

鋳造ワーカーの仕事

シオノ鋳工はお客様から「納期の正確さと安定品質」に評価をいただいている鋳造会社です。鋳造とは、型に鉄を流し込み様々な形状を創りだす仕事で、水道やエレベーター、建設重機等、社会のものづくりを支える機械部品等を製造しています。

正確性・スピードにゲーム性を見出す5つの工程

正社員の方には、大きくわけて「5つ」の工程のうちの1つを担当していただきます。

【造型作業】 砂型を作る業務

基となる型(木型)に砂を詰め、型を抜き取ることで砂型を作る業務です。重量のかかる吊上げ作業等には機械を用い、それ以外の細かな作業は手で行います。いかに無駄を省くか?というゲーム性を追求している社員もいます。
造型作業について詳しく

【鋳込み作業】 鋳型に鉄を流し込む業務

出来上がった鋳型に、溶けた鉄(溶湯)を流し込む工程です。この工程で重要なのは「成分調整と温度管理」であり、材質に直結するポイントです。クレーンの操作テクニックとスピード感、チームワークが重要になります。
鋳込み作業について詳しく

【解枠作業】 製品を鋳型から取り出す作業

時間を置いて固まった鋳物製品を、鋳型から取り出す工程です。製品がきちんと出来ているかを最初にチェックするフィルターにもなります。
解枠作業について詳しく

【仕上作業】 製品の不要な部分を除去する作業

製品に残ったバリやその他不要な部分を削る、切る、磨くという仕上げの工程です。
仕上作業について詳しく

【塗装作業、梱包作業】 塗料やサビ止めを塗装する作業

tosou

エアブラシを用いて下地の色の塗料、錆止め塗装、防錆油などを吹き付ける作業です。また不良品を出さないよう、この部署にて製品出荷前の最終チェックを行っています。
塗装作業について詳しく

上記以外に、やる気と意志のある人にはリーダーや幹部候補として昇進するチャンスがあります。

必要なスキル・技術・経験などは?

シオノ鋳工では入社後に技術を教えますので、特別な資格やスキルは必要ありません。必要な資格は入社後に取得してもらいます。(費用は弊社が負担いたします)
スキルよりも重要なのは、組織・チーム内の和を大切にやっていける人間性です。

昇給額はプレゼンで決定します!

7story4

弊社では、年間で最大3万円の昇給があり、その査定は「昇給プレゼン」をもとにします。
過去1年間でどれだけ会社に貢献・成長できたか、これから1年でどう貢献・成長するつもりかを、取締役にアピールします。
アピールのキーワードは「増・倫・減(ゾー・リン・ゲン)」の3種です。
」 仕事・顧客・社員・協力業者などの増大につながること。また会社のブランディングにつながること。
」(=輪=和=調和) 全体最適の精神・活発なコミュニケーション・社内イベントの企画運営・3S活動などにより、会社・チーム・仕事の調和につながること。
」 不良品・ムダな作業・ムダな電気・ムダな材料など、さまざまなムダの減量につながること。効率化。また客先クレームや粉じん・有害物質など良くないものの減量につながること。

どんな資料を使うかなどは自由です。また考えるのが難しいという社員には、先輩がやり方を指導してくれます。
社員それぞれが会社への貢献を考えるきっかけとなり、会社の業績アップにもつながっています。

 

若く、堅苦しくない社風

sanrin_shosho

鋳物業界では珍しく30代中心の若い社員が揃った会社なので、堅苦しくない社風です。
弊社に訪れ、フレンドリーな雰囲気を感じられるお客様もいらっしゃいます。社員からは対人関係での悩みがなくなった、目上の人と話しやすくなった、などの声が挙がっています。
職人気質の上下関係といったものはなく、もちろんパワハラもありません。弊社取締役の塩野は人にどれだけ教えられるか、どれだけ和を大切にできるか、を重要視しています。一人の人間が自分だけ技術を磨くよりも、20人が5%自分の能力を伸ばすだけで一人分の力をカバーできるからです。 もちろん年上を敬う、役職のある人の話をきちんと受け止める、といった人として大切な態度は重要です。

業務以外の取り組み

【三輪車レース】競技用の三輪車にて四時間耐久レースに挑みます。弊社では競技用車両の手配はもちろん、毎年3チームを編成して出場しております。【地域清掃活動】毎月末に工場敷地外の清掃活動を行っています。当初は工場南北の国道沿いだけでしたが、現在は与謝野町中心地まで範囲を広げ、美化につとめています。【ヒロシの部屋】浩士代表じきじきの手料理が振る舞われ、お酒を酌み交わします。社員同士の親睦を深めるのはもちろん、フランクな雰囲気の中で代表とじっくり話し合うことができます。

工場付近の美化のほか、地域の方々の目に触れることが重要と考え、現在では工場付近以外の地域も月一回、清掃活動をおこなっています。
また、三輪車レースや歓迎会、花見、好きな社員の間で釣り大会、塩野代表主催の「ヒロシの部屋」など、社員全員で楽しんで取り組めるイベントに参加したり、企画したりといったことを大切にしています。

→三輪車レース 2016年度は準優勝を獲得!

手作りの昼食

昼食風景スタッフが手作りある日の昼食

シオノ鋳工では事務所の隣に厨房があり、担当社員の手によってによって手作りの昼食をつくり、みんなで一緒に食べています。もともと社員が、菓子パンやカップラーメンなど栄養の偏りそうな食事を続けていたことを目に留めて、昼食の提供が始まりました。現在ではより食材の品目を多く摂れるような工夫をしています。

労働条件・労働環境について

労働条件・労働環境についての疑問については以下のページをご覧ください。

将来性への期待にお応えするために

kaname

シオノ鋳工はお客様から「事業がまだまだ続けられる」という将来性を期待されています。
鋳物業界は後継者不足で廃業する会社が多い中、弊社取締役塩野は39歳、平均年齢37.6歳と若い社員の多い会社です。しかし、若い方しか採用しないということではありません。実際に61歳の方も働いてもらっています。このことから事業がまだまだ続けられるという将来性を期待され、発注を受けることがしばしばあります。
また今後は鋳造の次の工程である加工業務まで事業を拡大していく予定です。より安定した売上実現と昇給、社員の幸せを追求していきたいと思います。

求人内容

現在 若干名募集しております
社名 株式会社シオノ鋳工
勤務地 〒629-2421 京都府与謝郡与謝野町字金屋1917-1
TEL・FAX TEL:0772-42-6288  FAX:0772-43-0297
仕事内容 上記鋳造業務のうちのいずれかを適正と希望を元に判断します
雇用形態 正社員(期間の定めなし)
賃金(税込) 175,000円~225,000円
勤務時間 08:00〜17:15(休憩75分)
昇給 あり(最大30,000円・昇給プレゼンによる)
賞与 あり(不良率目標を達成し、かつ利益を出した場合に限り、役職にかかわらず社員全員で均等に分配)
休日 年間105日
保険等 社会保険完備、雇用・労災完備
試用期間 あり(3ヶ月)
選考 履歴書、面接、筆記(適性検査)