ブログ

鋳物ってなに?-造型編-

4

みなさまこんにちは!シオノ鋳工 広報担当のいしはらです。

 

今回はシオノ鋳工ってどんなことしてるの?鋳物ってなに?というところを紐解いてみたいと思います。大きな流れとしては前回のブログをご覧ください。

 

どのように作る?

主にシオノ鋳工では機械の金属部品となる鋳物の製造を行っています。簡単に流れをまとめるとこんな感じ。

187628579_194967282483401_4650579872447616375_n

鋳物製造の作業工程はコチラ

 

今回は造型(ぞうけい)についてみてみようと思います。

造型とは?

基となる型(木型)に砂を詰め、型を抜き取ることで砂型を作る業務です。重量のかかる吊上げ作業等には機械を用い、それ以外の細かな作業は手で行います。枠内にきっちり砂を詰める作業は、砂が多くても少なくても駄目で、枠のツラ(枠すりきれまで)に合うようにぴったりと詰めるのが目標です。

 

現場には様々な型が並びます。

1

zokei2

板状の製品を作る時はこの鋳型製作のみで可能ですが空洞のある型を作ることができるのが鋳物の魅力。

zokei1

中子(なかご)」という鋳造製品の中空部分(空洞部分を作るためのパーツ作り)を作る仕事の場合は、さらにパズルや積み木ブロックのように型を組み合わせていく工程があり、基準となるポイントにピッタリ合わせることができなければ、不良品につながる確率が上がってしまいます。毎回違う形状のものづくりを行うことも多いため、その都度知恵と感覚を磨き、製品づくりに対応していくことになります。

 

全てのパーツが繋がったら最後の工程へ。

 

6

砂型が出来上がったら、砂より細かい粒子の骨材をアルコールで溶かしたものを塗布して表面をコーティングします。鉄と砂をくっつかないように固めるためです。

 

3

コーティング材を乾かすために炎で乾燥させます。現場内部にいるだけでも暑いのに作業をする皆さんは汗だくですね。

 

4

 

5

かぶせと呼ばれる作業は上の型と下の型をドッキングさせる工程のこと。二人で息を合わせて

 

この工程で出来上がった型に溶けた鉄を流していきます。

次の工程は次回に。

 

 

 

関連記事

カテゴリー一覧