ブログ

京丹後リア住に参加しました

IMG_20211123_155345

こんにちは。
シオノ鋳工の採用に少し絡ませてもらっている、入社13カ月目の小池です。

8月から準備を進めていたイベント、京丹後リア住が終了しました。
https://www.kyotango-localwork.com/
京丹後市主催のイベントでしたが、与謝野町の事業所でありながらシオノ鋳工も参加させてもらいました。
柔軟なご対応に大変感謝しております。

この京丹後リア住がどんな趣旨のイベントだったかというと、簡潔に言えば「企業と求職者との関係性づくり」のイベントでした。
合同説明会のような、採用をする側と就活をする側の”お堅い関係”をつくるのではなく、企業で働いている人と働く先を探している人の”ラフで良好な人間関係”づくりだったと解釈しています。

そのための企画のひとつが、城陽市のキャンプ場でラフに学生と接するLocalWorkFesだったのですが、コロナの緊急事態宣言の影響で無念にも中止になってしまいました。
もうひとつ、大きな企画が参加者に丹後旅行と企業巡りをしてもらうLocalWorkJourneyでした。
こちらは無事、先日の11月20日~23日に開催することができました。
シオノ鋳工の受け入れは23日の午前と午後の2回だったのですが、LocalWorkFesで学生との接点づくりができていない中、会社に来てから2時間程度で良好な関係作りはやや難しいなと思っていたので、21日夜に開かれたイベント参加者の懇親会に個人的に参加しに行き、「シオノにいるコイちゃん」として参加者と仲良くなってきました。

23日のLocalWorkJourneyは、午前4名、午後3名の参加者が来社されました。
午前は、
・大江山と加悦谷平野の景色を見ながら与謝野の紹介
・工場見学と会社紹介
・ワークショップ”シオノの理念とビジョンの木をつくろう”
・給食(お刺身、豆腐ハンバーグなど)
のプラグラムを実施しました。
事前に参加者と仲良くなっておいたおかげで、来社してすぐからとても良い雰囲気で始められました。
ワークショップは塩野社長とローカルフラッグ梅田君に協力いただきました。このワークショップは、”就活の面接で「御社の理念とビジョンに共感して!」と言う必要がありながらイマイチどういう概念なのか分からない企業理念とビジョンを、シオノ鋳工の理念とビジョンを深掘りしてみることで概念を理解してもらう”ことを目的に実施しました。学生のこれからの人生に役立つかもしれないお話が楽しくできたのかなと思っています。
IMG_20211123_154837
給食は前日に新鮮なハマチを丸ごと2匹仕入れて、社内で調理した懇親のお刺身定食を食べてもらい、大好評をいただきました。
IMG_20211122_144518_2お刺身IMG_20211123_122300

午後は、
・スリル満点の鋳込みの様子の見学
・少し残しておいたお刺身の提供
・鋳造体験「合金鋳物づくり」
のプログラムを実施しました。
鋳造体験では、好きな文字のキーホルダーを自分で手作りして持って帰ってもらったのと、
Local Work Journeyの文字の大作のオブジェを作ってもらい、大江山をバックに映え写真を撮ってもらいました。
喜んでもらえたかと思います。
259824846_6294586793948738_3374232597121522178_n

無事にとても良い形で終われたのではないでしょうか。
イベントを企画運営し快く参加させていただいた京丹後雇用促進協議会の皆さんと、一緒にイベントに参加し企画会議で意見を出し合ってくれてイベントを盛り上げてくれた他の参加企業の皆さんのおかげです。ありがとうございました。
参加者の皆さんもありがとうございました。
今回生まれた良好な関係を今後とも続けていき、他のことでも関わっていけたら嬉しいです。

=====================
システムエンジニア 兼 臨時採用担当
小池 和司
メール:koike@shiono-cast.com

関連記事

カテゴリー一覧